カードローンとはどんなローンなの

カードローンとはご利用限度額の範囲で繰り返しお金を借りることが出来るローンです。
ご利用限度額はカードローンによって異なりますが、高い所では800万円くらいと高額です。
いきなり最高のご利用限度額に設定されるのではなく、最初は低めに設定されます。
遅延の無いご利用を重ねて6か月ほどしたら申請して、ご利用限度額を上げていくのが一般的です。

増額申請の際はまた審査が行われますので、アルバイトから正社員になったり信用力が上がっていると増額が認められやすいです。

逆に返済を遅延してしまうとご利用限度額が減額されることがあります。
遅延損害金を請求されたり、新規借入が停止されたり、契約解除されたり、最悪ブラックリストに遅延実績として記録されてしまう事があります。
参考:キャッシング審査広場

追加で借入しやすいですが無理のない返済計画を立ててからご利用することが大切です。

キャッシングの利用によりビッグチャンスを逃さずに済みました

キャッシングや消費者金融のことを恐いなど、悪いイメージしか持っていない人は、なんかせっかくの社会的ツールを使いこなしておらず、勿体ないと思います。

使いようによっては、全く恐いものでも悪いイメージを持つようなものでもありません。恐い恐いと言われますが、それは取り立てが恐いということでしょうか。お金を借りているという事実を棚上げしている随分ご都合のいい言いぐさであると私は思います。

先日、私はキャッシングを利用しました。どうしても投資資金が足りず、ただその機会を逃してしまうとビッグチャンスを逃してしまうという、是が非でもお金が必要な瞬間でした。その時私が利用したのがキャッシングです。

インターネットで申込み、即日審査の即日融資。

この迅速さにより、私は投資のビッグチャンスを逃すことなく、そのうえで思っていた以上のリターンを手に入れることができました。

そのリターンにより、悠々と借りたお金を返したことは言うまでもありません。私はこれからも必要があればキャッシングを使っていきます。

キャッシングについて感じていること

よくキャッシングのお店を目にしていたのでキャッシングはお金を借りることだとは知っていました。街中で色々なキャッシング会社を見かけることがあるので利用をする人は多いのだろうなと思っています。宣伝なども見たりしますしとても力が入っていることも伝わってきます。

ただ借金をすることを肯定的に考えることは私にはできません。お金を借りることは怖いことだというイメージが出来上がってしまっているからなのです。ですが最近は街中にあれだけキャッシングのお店があるのですから危ないところでは無いのだと理解するようにはしています。

大手の会社でもキャッシングをしていたりしますし、キャッシングはお金を借りる方法としては信頼出来る方法なのだと思います。私もお金に困ることがあったらキャッシングを一番に考えようと思います。お金を借りるなら少しでも信頼出来るところがいいです。

最後の砦・キャッシング

人生は何が起こるのかわからないものですよね。突然予定外の出費があったりもするんです。私も何度かそんなことがありましたが、もう少しで給料日なのにどうしても現金が必要になってしまった・・・。

数日後には現金が手に入るのに友人に頼むと後々まで大きい顔をされそうだし、実家には心配かけたくないと思うのは当然だと思います。そんな時はキャッシングという方法があるのです。誰に頼まなくても申し込みすれば融資をしてくれます。

いざという時になってアタフタしない為にもそうういう時には身近にキャッシングがあると思っていれば心強いですよね。アルバイトでも学生でも専業主婦でも、借りられるそうなので一度調べてみておいてもいいかも知れません。

私もそうだったのですが突然の出費に見舞われると人間、頭が真っ白になってしまうものなんです。大切なのはその時にいかに冷静に対処できるかだと思います。

キャッシングはとても便利

困ったら、消費者金融や、キャッシングですが、利息が高いのでまずは、友人か家族に借りる方がよいです。友人や家族に言えば、少し嫌な顔はされるか説教されるでしょうが、利息はO円でしょう。

業者さんから借りれば利息が付きます。約18%くらいですが、1万円借りたら1800円です。けっこう大きな利息ですよね?そう思いませんか?

10万円借りたら年に利息だけで1万8千円です。月に1500円くらい利息だけで取られます。50万円借りれば利息のみで9万円です。毎月元金が減る前に8000円毎月利息で取られます。

時給1000円なら8時間分です。時給800円なら10時間分です。以前は27%くらいの金利でしたので、それでも今は18%に落ち着きましたが、金利は高いのでどうしても困ったときか、すぐ返せるあてがある時、以外はなるべくキャッシングはさけた方が無難です。

でももし食べるものがない時などは借りても良いかと思いますが、なるべく家族や友人の力を借りましょう。力を貸してくれるのが、友人や家族というものです。